3回退場してもトレードを続ける理由

徒然雑記

還暦をムキムキの身体で迎えようと、2年ほど前から筋トレしてましたが、食事もかなり重要でプロティン代、食費がかなりかさむので、貧乏父ちゃんでは厳しいという理由をつけ、今は細々と腕立てとスクワットを地味に数十回やるだけの 身長173㎝ 体重52kg あばら浮き出る43歳のかもねぎです….

先日3,000円負け越して退場しました。

その前の月は10,000円負け越して退場しました。

初めての退場は3,000,000円が30,000円になった時でした。

今の私では資金あったらあった分だけ無くしてしまうということです。

小遣い入ったらまた数千円入金し、再入場。

で、今の余力ギリギリで、2~3回の数千円のロスカットで退場してしまう状況は、私の自制心の向上とポジポジ病の治療に非常に役立ってます。

お金ないから待つしかない….!んです。

このひもじさはもうそろそろ終わりにしなければ。

トレードやめれば今は楽になる。少しだけ。

けどこの先の2~30年の生活を想像すると、やはり今トレードをやめるわけにはいかぬ。

で、トレードを続ける理由。

体をすこしいたわりたい。まあまあの病歴で。

23歳(大卒後大手カレーチェーンに就職して半年)で悪性胸腺腫発症し、1年近く入院し、化学療法、放射線治療からの開胸手術、でまた化学療法で退院。治療の影響で、反回神経麻痺、肺嚢胞という状態に。退職。

体が少し元気になって手に職付けようと菓子職人の世界へ。

30歳で職場の職人と結婚。子供ができたのを機に転職してパンチェーン店の会社員に。

で、34歳で車で事故して左肺破裂して精子の…もとい生死の世界をさまよう。一命はとりとめたが3か月の入院を経て回復(肋骨にはひび)退院。仕事の復帰はまだ考えられなかったが妻にケツけられて復帰に。子供もまだ小さいし…..

あまりのしんどさに涙流しながらパン焼いてた時もありましたね(-_-;)

そして、40歳で肺炎、肺化膿症でまた入院。多剤耐性緑膿菌にも侵され院内で隔離されてました。

退院後、さすがにパン屋の仕事はもう無理だと転職w

拘束時間16時間くらい月5回休み手取り17万円のブラック店長してました。

サービス業に入社し、3か月で右上腕骨折。ボキッと折れました。腕相撲でwww。

3年経ちますが、未だに手術の際の板とボルト6本右腕に入ってます(神経との兼ね合いで取らないほうが良いとの事)。

その骨折の手術の全身麻酔時にまた肺炎になり、今度は気管支拡張症へ(現在進行形)。

やっかいです。毎朝、大量の血痰です。3年経っても血痰。たまに何も出ない日は逆に、出なくて体に悪いの溜まってるんじゃない?かと不安にも。

要するに、五体満足ではあるが、体がそろそろ悲鳴を上げてます(腎臓に結石はまだ4つほどあり)。

生きることに疲れてきました。60歳人生これから!なんてイメージできませんが、もし生きてたらすごく大変そうです。

でも、トレードという大きな可能性の塊に、複利という絶大な力の存在に出会えて生きる希望が生まれてきました。PCだけで大きな収入が得られると…!

悲鳴を上げてる身体に鞭打って働くことをしなくて済むんじゃないかと

現実は甘くありませんが、甘えた気持ちに鞭打ってトレードで生活できるようになります

コメント